ガールズバー経営者目指す方絶対見てください!料金や給与のシステム!

ガールズバー開業システム

ガールズバーはキャバクラ経営よりコストも低く済むので、新しく開業するハードルはキャバクラより低いです。

しかし、ガールズバーの開業でもネックになるのが、料金・給与システムです。
実際に自分が経営することを考えると、意外と難しいポイントなんではないでしょうか?

今回は、ガールズバーの開業を考えている方々に向け、

  • ガールズバーの料金システム
  • 給与システム

を説明します。

目次

ガールズバーの料金システム

開業するにあたってどの飲食業界でも基本なのは料金システムですよね。
他の飲食業界は食べログなどをみれば大体の金額がわかるので参考にしやすいと思いますが、どうしてもナイト業界はそのあたりが隠されていたりしますよね。

ガールズバーのセット料金

ガールズバーの料金には、まず40~60分毎のセット料金があります。

ワンドリンクごとの場合、60分で1500円~2000円前後です。
飲み放題セットでは、60分2500円前後のセット料金を設定するのが一般的です。

延長料金

カラオケでも馴染みがある延長料金ですね。

延長料金は、セット料金と同額~2割程度多いのが相場です。
少しだけ延長したい、という方のためにセット時間の半分の時間で延長料金を設定しているお店も多いです。

指名(リクエスト)

ガールズバーの指名料はキャバクラと違い、1セット500~1000円程度です。
(ちなみにキャバクラは1000~3000円が相場)

ただ、常にお客様と女の子が一対一で会話できるわけではないガールズバーでは、指名の制度をとっていないお店もあります。

キャストドリンク

飲み放題のセットでも、女の子が飲むドリンクは別料金となります。
一杯あたり、1000円程度です。

税金・サービス

ガールズバーのサービス料金は0~10%程度です。

2021年から税金を含めた料金を表示しないといけなくなったので

ガールズバーの給与システム

次に、ガールズバーの給与システムを紹介します。水商売の給与計算は複雑で、ここで女の子の不満も生まれやすく、トラブルにもなりかねません。

十分に把握し、きちんと計算しましょう。

時給

キャストの一番基本的な給与は、時間給です。
主に地域によって変動しますが、相場は1500円から2000円前後です。

バック

キャバクラと同じように、ガールズバーでもバック(歩合)のシステムがあります。

お客様が女の子にドリンクをプレゼントした時に

キャストから徴収する費用

時給とバックの合計から、キャストから以下のようなお金を天引きした金額が、キャストが受け取る給与となります。

つまり、キャストの給与は以下のようになります。
時給+バックー費用=キャストの給与

では具体的にどのような費用をキャストから徴収するのか見ていきましょう。

源泉徴収

所得税などの税金です。

これを間違えると脱税として摘発される恐れがあるので、注意しましょう。
キャストの確定申告については、以下の記事が参考になります。

送り代・衣装代・雑費ect

ガールズバーのシフトが深夜に終わり、お店の車やタクシーなどでキャストを送った場合、その費用を徴収する店も多いです。

また、衣装代や福利厚生費、日払い手数料などを徴収するお店もあります。

最後に

いかがだったでしょうか?結構複雑なシステム、最初に料金の設定を間違えてしまうとあとから修正するのはとても大変です。
あとから後悔しないように経営のプロや先輩方にアドバイスは絶対にもらって開業してください!

また知り合いがいないよって方でもナイトカレッジにお気軽にご相談していただければと思います。

複雑なシステムを管理する方法なども記事にしていますので是非こちらも御覧ください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる