キャバクラでたくさんボトル(シャンパン)を頼んでもらうには?

ナイトカレッジ運営のTAKENAKAです 。

今回は【キャバクラでボトルやシャンパンをたくさん頼んでもらう方法】について解説していきます!

〜このサイトではキャバクラ、ガールズバー、スナック、ホストクラブなどのナイトレジャー店舗のオーナー様、店長様、スタッフ様やこれから水商売を始めようとしている方などに向けて有益な情報を発信しています!〜

【水商売専門】で様々なお悩みの相談を無料で承っております!業者紹介、物件情報、集客/採用の相談など、お気軽に公式ラインからお問い合わせください!

目次

ボトルをいれてもらうお店のメリット

そもそもボトルを頼んでもらうことがどんなメリットがあるか整理していきましょう!

●客単価が上がる

キャバクラはセット料金にハウスボトルがついていることがほとんどなので

追加でドリンクを頼む必要がありません。

ただ当然それでは売上があがりませんし、延長にもなりにくいです。

またボトルは高級なものであれば数十万円〜しますので、

割引して新規顧客を獲得するよりも何倍も効率的です。

お店としてしっかり取り組んでいきましょう!

●お客様の来店回数が増える

ブランデーやウィスキー、焼酎などを入れてもらった場合、次回来店まで残りをキープすることができます。

お客様も次回はセット料金、指名料金だけで遊べるのと

ボトルが残っているともったないという心理から再来店の可能性は確実に高まります。 

来店回数が増える=キャストとの仲も深まる

本指名やリピートも増えいいことずくめです。

キープボトルの管理方法や保存期間などでご相談,ご質問がございましたらお気軽に公式ラインからお問合せください‼︎(相談無料)

お客様にボトルを入れてもらう方法

ボトルを頼んでもらう事はお店にとってはメリットがたくさんあるということはご理解いただけたと思います。

次に実際にボトルを頼んでもらうコツをいくつか紹介します。

新人キャストさんやボトルを頼んでもらうのが苦手なキャストさんにも是非伝えてみてください。

●ボトルを頼む方がお得だと伝える

一つめの方法として、ボトルの方が値段的にお得だと伝える方法です。

『ドリンクグラス1杯1,000円〜2,000円だけど、ボトルは8,000円で15杯くらい飲めるからお得』とお伝えすると、よくお酒を飲む客様だと大変喜ばれます。

このお得感をうまく伝えてあげて、信頼度アップしボトルも頼んでもらいましょう!

●イベントや自身の誕生日におねだりする

続いては「自分自身のバースデーや記念日などにおねだりする」という方法です。

お祝いの気持ちで駆けつけてくれているお客様も多いので、もっともおねだりしやすい日となります。

もちろんお客様に対して普段から親身に対応していることが必須となりますので

店舗としてはそこの管理を強化しましょう。

●ボトル(シャンパン)を頼んでもらった様子をインスタグラムに投稿する

ボトルやシャンパンを頼んでもらいやすいお客様の特徴として、「見栄っ張りなお客さん」というのがあります。

お気に入りのキャストが他のお客様にボトルをおろしてもらって喜んでいるのをみると、「次は自分も!!」という気持ちになる男性は少なくないはずです。

キャストのインスタアカウントで投稿したものをお店のアカウントでもRepostし

インスタ上でもお礼を伝える方法もおすすめです。

※顔出しNGのお客様も多いので、投稿時は細心の注意を払うのをお忘れなく‼︎

キャストに伝えたいボトルをおろすメリット

●ボトルバックがつく

キャバクラでは時給や指名バックのほかに、ボトルを入れてもらうことで、ボトルバックが発生します。

ボトル価格の10%程度のバック 、もしくは本指名小計の◯%バックとなっているケースが多いです。

いずれにしてもボトルを頼んでもらうことはキャストの報酬に大きく影響します。

ボトルを頼んでもらいたい!とキャストが強く思えるように

報酬の仕組みをしっかり理解してもらうよう教育することが大切です。

キャストのバックシステムの事でご相談,ご質問がございましたらお気軽に公式ラインからお問合せください‼︎(相談無料)

最後に

ここまでお読みいただき、ありがとうございます!

ボトルやシャンパンがよく頼まれるお店は売上ももちろんですが、キャスト自身もモチベーション高く働いてくれます。

是非お店として取り組んでいただければ幸いです。

当社はキャバクラ,ガールズバー,スナックなどの

水商売のお店のお悩みやお困り事を全面的にバックアップさせて頂いている会社です。

今回のことでご質問やお問い合わせ、サポートが必要な事などございましたら

お気軽に公式ラインでご連絡くださいませ。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる