キャバクラの『体入荒らし』に気をつけよう!

ナイトカレッジ運営のTAKENAKAです 。

今回は【キャバクラの体入荒らし】について解説していきます!

店舗様にとってはデメリットだらけの事なので、是非チェックして予防してください。

〜このサイトではキャバクラ、ガールズバー、スナック、ホストクラブなどのナイトレジャー店舗のオーナー様、店長様、スタッフ様やこれから水商売を始めようとしている方などに向けて有益な情報を発信しています!〜

【水商売専門】で様々なお悩みの相談を無料で承っております!業者紹介、物件情報、集客/採用の相談など、お気軽に公式ラインからお問い合わせください!

目次

キャバクラの『体入荒らし』とは?

『体入荒らし』とは、正式に入店(本入店)する気が無いのに、様々な店舗で体験入店を繰り返す人をいいます。

以下のような理由で体入荒らしをする人がいます。

○金欠(多くのお店が日払いで全額支給されるから)

○一つのお店に在籍したくない

○在籍店舗でシフトをカットされる

○正式入店だとノルマなどのプレッシャーがある

キャバクラにとって体入荒しはメリットがありません。

特徴や注意点などを把握し、少しでも『体入荒らし』を防ぎましょう。

※※キャバクラやガールズバーなどナイト系の求人情報はこちら↓↓

キャバクラの『体入荒らし』がダメな理由

体入荒らしがどんなデメリットがあるかを見ていきましょう。

●かけた時間が無駄になるから

そもそもお店にとって体験入店は、本入店してくれるかも?という期待があって対応されていると思います。

その為に、面接の手配をしたり面接の時間を割いていると思いますが、

その時間が全て無駄になってしまいます。(もちろんその日のキャスト報酬も無駄です)

面接できる人数にも限りがありますので、体入荒らしに割く時間は減らしたいですよね。

●雑な接客をされるリスクがあるから

本入店をする気がないので、お客様に気に入ってもらって指名に繋げたいなどの気持ちも当然なく

雑な接客になってしまうケースが多いです。

お客様にとっては体験など関係なく店舗の1人のキャストとしてみられます。

お店の印象が悪くなってしまうリスクがあるので、十分気をつけましょう。

キャバクラの『体入荒らし』の特徴&見極めポイント

『体入荒らし』がお店にとってデメリットが多いことはご理解いただけたかと思います。

次は『体入荒らし』の言動や行動の特徴を見ていきましょう。

●給与システムに関心が薄い

真剣に入店先を探している女の子であれば一番気になるポイントですが

『体入荒らし』はそこに関心がありません。

説明している時のリアクションをしっかり観察しましょう。

●面接時のアピールが極端に大きい

体験入店をさせてもらえなければお給料が貰えないので、なんとかそこまでこぎつけようとします。

面接時、愛想よく振舞ってくることも多いです。

その中で

『毎日出勤できます』

『指名客が来店しない日はないです』など

オーバーにアピールし、なんとか体験入店までこぎつけようとする特徴があります。

●接客時の対応

場内指名が取れそうなのに取ろうとしなかったり、他のキャストに興味がない感じがすると怪しいです。

緊張していてるだけなのか?やる気がないか?言動や態度で判断しましょう。

最後に

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

『体入荒らしは』大切な時間や費用だけでなく、お店の評判を落としてしまうリスクもあります。

体入荒らしには気をつけながら、体験入店を増やしどんどん良いキャストを採用していきましょう!

また、在籍キャストが足りずお困りの方は派遣をつかうのも一つかと思います。

派遣の事、求人のこと、その他水商売のお店のお悩みやお困り事がありましたら

お気軽に公式ラインでご連絡くださいませ。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる